ノア兄ちゃんの雑記ブログ

愛犬との生活・日々の生活から感じたことや経験したこと

ブログで月1000PV達成して気づいたこと

 f:id:noabrotherlife:20181216175558p:image

今回は「ブログ月1000PV」を達成して、気づいたことこれからの新しい目標について書いていこうと思います

 

それではスタート!

 月1000PV達成!

 ブログ開始から20日が経ち、本日2018年12月16日

『平成最後の目標』にも掲げていた

「月1000PV」を達成することができました!

f:id:noabrotherlife:20181216174803j:image

正直こんなにも早く達成できるとは思っていなかったので、嬉しさより驚きの方が勝ってます(苦笑

www.noabrotherlife.work

読者数も先週までは4〜5人だったのが、ありがたいことに今では50人超えとなり

驚きを隠せません

 

いつも記事を読んでくださっている皆さん

本当にありがとうございます!

"なぜこんなにも早く達成することができたのか"考えてみた

 SNSの利用

 やはりInstagramやTwitterの利用一番の決め手となったように感じました

 

自分の場合は、もともとノアちゃんメインで3年前にInstagramを始め、そこからYouTubeやTwitterなどのSNSを始めました

 

そこである程度フォロワーさんや応援してくださる方がいたので、データを見てみてもブログへの流入は、これらのSNSからがほとんどでした

 

ノア兄ちゃんのSNSまとめサイト↓

pomu.me

 

割合的には90%近くの方がInstagram・Twitterから見に来てもらってます

 

はてなブログ単体で拡散するよりも、絶対にInstagramやTwitterで拡散する方が何倍もの結果を生み出すということを実感しました

 

何より0からのスタートに見えて、そうではなかったことに気づかされました

毎日更新

自分はブログ開始日から、毎日欠かさずブログを更新してきました

(追記:2019年に入ってからはマイペース更新に変更しました)

 

今回のこの記事で21記事目になります

 

やはり最初の頃は多くても10PVがほとんどだったのですが...

毎日更新をする事で記事それぞれのカテゴリーに固定の読者が出来てきます

 

書き手側もそうですが、読んでいる側にとっても

「あ!今日はあの人、何について書いてるかな?」

記事を読むことが日課になるので、自然とPV数の増加に繋がったのではないかと考えています

 

あくまで自分はブログ初心者なので、まだ記事らしい記事は書けていませんが

徐々に文章力の向上やブログ構成の仕方が身についてくるので、今のところは毎日更新していても苦だと感じたことはありません

 

もともと何か文章を書くことが好きだったということもあり、このブログで"伝えたいことを文章にできている"ということから、むしろ気分転換にも繋がっている気がします

 

しかし毎日更新に関しては、自分のように

"文章を書くことが好き"という方であればPVをあげる上でもぴったりの方法だと思います

 

しかし、すぐに辞めてしまいそうになる人

絶対に自分なりのスタンスを見つけた方がブログ更新していく上でも楽しくやれると思います

 

その方が質の高い記事を書く上でも重要になってくると思いました

更新時間を決める

毎日更新と同じで

更新時間を決めておくと、見る側にとっても日課化されると感じました

 

自分の場合は最初の頃は昼だったり夜だったりと、バラバラの時間に更新していました

 

PV数を気にするようになってからは、なるべく"18時〜20時の間に更新"大雑把に決めていたのですが、それでもブログを更新すると反応してくれる人は増えました

 

やはりどれだけ

「見る側に記事を見てもらうことを日課にしてもらうか」というのが重要になる気がしました

f:id:noabrotherlife:20190304164743p:image

これからの目標

簡単なことではありませんが、ゆくゆくこのブログで収益を上げていきたいと考えています

しかし

お金というのは信頼からしか生まれないものだと思っています

 

なのでまずは次の大きな目標として

  • 読者数100人
  • 月5000PV

これらを目指して頑張りたいと思います

まとめ

1000PV達成で何かするということはありませんが、少しずつこのブログでの活動も大きなものにしていければと思っています

 

これからも読んでくださった誰かの心に響く記事を書いていけたらと思います

 

改めまして

これからもよろしくお願いします

 

では、また次の記事でお会いしましょう!